金の価値③

金買取サイトメイン画像

金の価値③

私たちの生活している中で、最も身近で高価なものといえば金製品です。この製品が高価なのは、その素材の希少性にあります。

金というのは、日本だけでなく世界中でもその希少性が高く、世界でもその価値が認められています。

また、供給量は限られており、採取によって安定した供給が得られることは無く、その点についても希少性が高いことがわかります。

ですが、金製品の価格が高価なのは、希少性が多くを占めていますが、それだけが理由という訳ではありません。

なぜなら、使われなくなった製品は、まとめて溶かして再利用することができるからです。

金は常に価格の変わる変動相場なので、投資先としても活躍しており、売買による取引によって生まれる、その差益を稼ぐことを目的とした投資家達が取引をします。

そして、その売買取引によって需要と供給が変化し、それが金の相場を作り出しています。価格が高騰する時は、世界中の政治経済が不況の時にたくさん買われるため、思わぬ上昇を見せてくれるのも魅力です。

不況に備えて買い入れるなど、投資家達の目的は利益を伸ばすだけで無く、自分の資産を守ることが時には最優先されます。

また、一部の投資家や銀行、大企業といった組織では、金を第二の資産として買い入れて、長期保有または、断続的な買い占めをしていることもあります。

金の希少性の高さから、買い占めをされると十分な供給が間に合わなくなり、不況時の金価格高騰に合わせて売却することで多大な収益を得ることが期待できます。

bnr_footer

トップページへ戻る