金の価値①

金買取サイトメイン画像

金の価値①

私たちの暮らしの中で、金を使った製品はたくさんあります。例えばコンピュータや携帯電話のような電子機器には、電子端子部分に使われており、指輪やネックレスといった高価なアクセサリーには、純度の高いものが使われています。

このように金は多くのものに使われていると同時に、世界中でも金の価値が認められています。金の価値は歴史をたどると、通貨として機能していました。

しかし、金は供給量が少なく、持っているとその重さ故に不便でした。そのため金本位制という制度ができました。

金本位制とは、貨幣に金と同じ価値を定めることによって、供給量の少なさを補い、また持ち運びのしやすいものを貨幣とすることで、利便性を持ち合わせることができるようにした制度です。

金本位制で定められた貨幣は、その価値と同じ量の金と交換することができます。外国との取引では、自国の貨幣を使うことはできませんが、必要な時に金本位制の貨幣を金と交換できるという特徴を使うことで取引できます。

これには幸い、外国でも昔からその価値が認められていたことも影響があります。現在では貨幣が主流通貨となっており、外国の製品を輸入する時は、外国の通貨の価値だけ自国の通貨を払って交換することで外国の通貨を得て、輸入する時に支払います。

投資という面で見れば、金本位制は今も行われていると言え、必要な金の量に見合った通貨を払うことで購入することができ、価格の高騰に合わせて売却することで、利益を得るという目的で行われています。

bnr_footer

トップページへ戻る