金の種類に関して

金買取サイトメイン画像

金の種類に関して

最近ではにぎわう商店街にも金買取のお店が見うけられたり、またデパートの催事の際に金買取コーナーが設けられたりしています。使っていない手持ちの金製品が現金になるのは魅力的です。

金買取の際に、基準になるのは「含まれる純金の重量」です。

たとえばK18イエローゴールドの場合ですと、金は24分率で純度を示しているので、重量の24分の18、すなわち75パーセントが純金です。

では残りの25パーセントは何か、と申しますと「割金(わりがね)」と呼ばれる別の金属なのです。

この割金によってピンクやホワイトなどのカラーゴールドにもなります。なぜ割金を混ぜるのかというと、金は純金(K24)のままではやわらかすぎて、加工しても形を保てず、宝石が落ちてしまうことや表面が変形してしまうことになるからです。

イエローゴールドの割金は、主に銀と銅です。これを半々の割合で混ぜることによって、イエローゴールドの色が出ます。

もっと純度の低いイエローゴールド、例えばK14などですと、さらに亜鉛などが加えられています。

金買取においては、この割金を除いた純金の重量と、その日の相場、金買取手数料によって買い取り価格が決まります。金相場はインターネットや新聞で調べることができますので、参考にしてみるとよいでしょう。

まずは査定だけでも、金買取店に持ち込んでみてはいかがでしょうか。相場によっては買った時より高い価値になっているかもしれません。

金の種類ではイエロー・ホワイト・レッド・ピンクゴールドの各詳細をご説明いたします。貴方の金を金買取へ出す時の貴重な情報になれば嬉しい限りです。

bnr_footer

トップページへ戻る