金の種類:ピンクゴールド

金買取サイトメイン画像

金の種類:ピンクゴールド

カラーゴールドの中でも、ピンクゴールドは日本人の肌に最も馴染みやすいカラーの一つですので、今や多くの宝飾品に利用されています。

ピンク色にするための配合はメーカーによって異なりますが、多くは銅やパラジウムを25%程度含みます。銅が酸化しやすいため、長期的に使用しているとシルバーやゴールドに近い色合いになることがあります。

金は世界中で取引をする時に通貨の代わりとして用いられてきたという歴史があり、今でも経済面で絶大な影響力を持っています。

金を重視してきた歴史的背景により、いくつかの国では今でも通貨として金貨を発行していますし、紙幣を通貨にしている国でも、国の備蓄量によって経済的な影響力が変わってくるといわれています。

紙幣の価値を安定させる働きを持ち、歴史的にも金を多く持っている国が襲われ、略奪された記録は多数残っているほど、需要の高いものでした。

一方、金の価値は機械工学においても重要視されています。金は通電性が良く、腐食に強いため、宝飾品だけでなく機械工学の分野で必要な精密機械の部品としても、必要不可欠な存在となっています。

機械工学においては銅などの代替製品もありますが、性質の安定性、通電性、耐腐食性など、いずれをとっても金に勝る物は未だ見つかりません。

このように、歴史的価値においても工学分野においても重要な地位を確立している金ですが、今後は埋蔵量の少なさから、資源が枯渇するであろうと予想されています。

そのため、買取りが活発に行われていますが、ピンクゴールドも純度75%の商品ということで、イエローゴールド同様に買取りしてもらうことが可能です。

いわゆる18Kの商品として買い取ってもらえ、溶かして再利用するため、破損しているものや一部紛失しているような商品でも買取対象になります。カラーゴールドというプレミアはつきませんが、不要なアクセサリーがあれば持ち込んでみてはいかがでしょうか。

bnr_footer

トップページへ戻る