金の税金:損失した場合

金買取サイトメイン画像

金の税金:損失した場合

現在の生活の中で、投資という言葉を耳にすることが良くあります。投資とは、自己の資産を会社などの企業、金や原油といった商品に、今後の成長を期待して投じることです。

インターネットの普及のおかげで、あらゆる人がこの投資について理解して、利益獲得の副業や興味本位の趣味で始めている人が多くいます。

投資先として注目されている物に、金という商品があります。金は様々な製品に幅広く使われており、世界中でもその価値を認められている商品です。

この金の売買をして利益を出すには、長期目的の売買取引をすることが考えられます。金の価格は変動相場で、普段は上昇と下降を緩やかに繰り返しているため、短期目的の売買では上手く利益を出すことが難しいです。

長期目線で少しずつ売買を増やしていく、積立式が賢い投資方法だと言えます。金の売買は買う側が税金を払うことになり、売る側は払う必要がありません。

また、投資で損失が出てしまった時の確定申告に掛かる税金は、20万円以下の損失なら税金の確定申告は不用です。

金の損失の他にも、投資をして所得を得ていた場合、その投資が譲渡所得なら金の損失分と合算して税金の確定申告をすることができます。

譲渡所得とは、土地や建物、有価証券や宝石といったものを指します。

個人の場合は、この合算はあまり関係の無いことと思われますが、会社などの組織からすれば、合算して投資の損失が無い、または少ないという表記は書類上や信用問題として大事になってきます。

bnr_footer

トップページへ戻る