金の税金:譲渡所得

金買取サイトメイン画像

金の税金:譲渡所得

お金を稼ぐ方法には投資という方法があります。普通はお金をたくさん持っている銀行や会社という組織が投資をしますが、私たち一般人でも小額の投資をすることができ、それにより多額の利益を得ることができます。

投資先には様々なものがあり、その投資先の特徴ごとに投資するスタイルが変わってきます。最近になって良く耳にするものでは、金という商品の投資があります。

この商品の特徴として、世界中でその価値が認められており、投資家の資産の逃げ道として、不況の際にはたくさんの金が購入されます。

また、供給量が限られており、その希少性の高さや金を使った製品の利便性もあり、一度価格が高騰するとどこまでも伸び続けていくことが魅力的です。

金の売買をする時は、購入側に税金が発生します。他にも、売買によって得た利益は譲渡所得として区分され、税金を支払う対象として確定申告をします。

しかし、この譲渡所得が50万円までなら税金の支払から免除されます。また、譲渡所得が50万円を超えても、その全てが税金の対象となる訳では無く、50万円を超えた分が税金の対象となります。

金の売買をしてから、その保有期間が5年を超えている場合は、50万円を超えた分の半分が税金の対象となり、5年以下の取引よりも5年以上の長期保有の方が半分安くなります。

このように、金の譲渡所得が少なければ非課税となり、5年以上の長期保有なら課税でも半分安くなるというメリットは、売買取引をする上でしっかり覚えて、賢く利用していくことが考えられます。

[関連情報]譲渡食税 タックスアンサー
 

bnr_footer

トップページへ戻る