金の税金:金の投資価値

金買取サイトメイン画像

金の税金:金の投資価値

世界中では、様々な投資が行われています。投資で、私たち日本人にとって馴染み深いものには、株式取引や外国為替証拠金取引、商品取引では原油や天然ガスなどがあります。

最近になって注目を集めているものに、金という商品があります。この商品は、世界中でもその価値が認められており、第二の資産として不況の際には投資家がたくさん買うことで知られています。

また、様々な製品に幅広く使われており、その希少性と供給量の少なさから、不況時に価格が高騰すると、どこまでもその価値が釣り上がることが魅力的です。

金取引の売買には、購入側に消費税が発生し、売却側には消費税が発生しません。つまり、金の売買を行って反対取引で決済する間に、投資家は必ず一度は消費税を払っていることになります。

売買取引によって消費税が掛かるということは、確定申告で税金を納めることも必要になってきます。

金取引の売買で得た利益が50万円までなら、非課税となり申告する必要はありません。50万円を超えた場合は課税となり、50万円分を控除して残った金額分に税金が掛かります。

また、金の売買から保有期間が5年を超える場合は、50万円分を控除して残った金額の半分に税金が掛かります。

このように長期保有では、確定申告によって支払う税金が半分安くなるという大きな魅力があります。

この税金の掛かる仕組を理解して売買取引することで、ギリギリの50万円で利益を抑えて、非課税で税金を無くすということも考えられます。

bnr_footer

トップページへ戻る