金買取業者の上手な選び方(体験3)

金買取サイトメイン画像

金買取業者の上手な選び方(体験3)

金は、世界中のどの国においても、同じ様に価値が認めれれています。したがって、何処の金取引業者でも共通の価値で売買できると思われますが、業者間で売買金額に差があります。

24金であれば、金の製造メーカーの刻印があるものもあります。製造メーカーの刻印がある場合は、その刻印のメーカー(鉱山を持っている会社)やメジャーな貴金属取引会社にもっていくことで、きちんとした市場価格で売買が成立しますので、安心できます。

24金の価格はどのようにして決まるかといいますと、海外相場は、1トロイオンス≒31.10348グラム単位で、米ドル価格で取引されています。国内の価格を算出する場合、まず海外相場の価格を1グラムあたりでの円建て(為替相場で円価に換算)に替えます。

この価格に売買する業者の諸費用を加算して算定します。したがって、金の価格は、海外相場と、為替相場の両方の影響を受けることになります。

日本の工業品取引所でもリアルタイムに価格がきめられています。24金の場合は、これらの価格を参考に価格の適正を確認できます。金買取業者の上手な選び方としては、これらの市場相場での取引価格を参考にされると良いでしょう。

そして、売る場合は、なるべく高額で買い取ってくれる金買取業者を選んで、24金の売却を行います。また、24金であることを正しく評価してくれる買取業者である必要があります。

そのためには、メジャーな社会的に信用がある取引業者を選定することが大切です。24金の売却では、刻印された会社に買い取ってもらうか、社会的に信用度の高いお店での売却が無難と考えます。

信用度の高い売買取引業者を選定する方法は、価格がどのようにして決まるか、世界規模で説明してくれる取引業者といえます。

そのような、買取業者であれば、逆に安心して取引ができるのではないでしょうか?。やはり、自分で買取業者が信頼できるかを確認するための質問などを発して、確認することが大切です。

bnr_footer

トップページへ戻る