金買取業者の上手な選び方(体験1)

金買取サイトメイン画像

金買取業者の上手な選び方(体験1)

金買取り価格は、製品の重量及び純度を割り出し、その日の金の市場価値と照らし合わせた金額から、買い取り業者や加工業者が受け取る手数料を差し引いて算出します。

従って、より高額な買取り額を出してもらうには、持ち込む日の市場を調べておく必要があります。

市場価値が高い時には同じ商品でも高額で買い取ってもらえますし、逆に市場価値が下がっている時に持ち込むと、かなり金額が下げられてしまいます。

金は僅かな重量でかなりの買取り額になりますので、この差は小さいように見えて意外と大きいです。

また、金買取の業者に就いても上手な選び方をしましょう。上記の通り、持ち込む商品の額を決める計算は、どこの金買取業者でもほぼ同じです。

しかし、そこから差し引かれる手数料の差で、実際に受け取ることのできる額が変わってきますので、どの金買取業者に持ち込んでもいいというわけではありません。

見積もり自体はほとんどどの業者も無料でしていますので、複数の業者から見積もりを取っておき、より高額で買い取ってくれるところに持ち込むと良いでしょう。

実体験から言うと、業者の中には見積額の根拠を教えてくれるところも教えてくれないところもあります。

中には、見積額を提示しておいて、契約が成立したら手数料として別途差し引くようなところもありますので、純度と重量をあらかじめ調べておき、本来の価格はいくらなのかを把握しておいたほうが良いでしょう。

実店舗があるところで言うと、その日の金相場をきちんと掲載しているところや、目の前で査定をして、計算根拠を説明してくれるようなところは誠実な業者です。

一方、古さや破損状態などを理由に買い叩いてくる業者もいますが、どうせ溶かして再利用するものにこのような理由付けをすること自体がありえません。

こういった業者は契約成立後に別途費用を請求するなど、後々トラブルに巻き込まれかねませんので、金買取の金額を高く提示してきても避けたほうが良いでしょう。

bnr_footer

トップページへ戻る