金買取の秘訣:傷の有無

金買取サイトメイン画像

金買取の秘訣:傷の有無

現在は非常に金相場が高く、売り手には有利な状態になっています。

過去に貰ったちょっとしたアクセサリー、現在ではサイズが合わずにはめられない指輪、壊れてしまったネックレスや片耳しかないイヤリングやピアスなど。

アクセサリーボックスの中に入れっぱなしのままになっている貴金属は多いのではないでしょうか。

現在では使わないアクセサリー類をよく確認し、18金の刻印があるものをまとめて、金買取の査定に出してみてはいかがでしょうか。

どんな小さなものでも、壊れてしまったものでもかまいません。18金であるという事がわかれば、1グラムから査定、買取を行って貰えます。

アクセサリーとしての価値ではなく、貴金属としての重さをはかる為、壊れていても傷だらけでアクセサリーとしては仕様出来ないものでも、18金の相場で査定されます。

ですので、まずは買取に出すアクセサリーが金メッキなどではないか、きちんと18金かどうか、刻印されたホールマークを確認しましょう。

金色をしたアクセサリーだからといって、18金であるとは限りません。指輪なら裏側にK18と刻印があるかどうか、ネックレスやブレスレットなら留め金部分、ピアスなら突き刺し部分、イヤリングならバネの部分をチェックして下さい。

刻印がある場合は、18金の証明になりますので、傷あり、破損ありでも買取に出すことができます。刻印がどこにもない場合や、K14やK10の場合は買取って貰えない場合があります。

刻印を確認して問題がなかったら、金買取業者に連絡するよりも先に、相場を調べましょう。買取はその日の相場によって上下する場合が多いのです。

金買取の査定に出した翌日に上がっていたとなったらがっかりです。相場は多少変動します。数日は相場をチェックして、金の相場が出来るだけ上がった時に買取に出しましょう。

相場については、ネットなどで簡単に調べることができます。ほんの一手間を行うだけで、手元のアクセサリーがびっくりするようなお小遣いに変わる可能性があります。

bnr_footer

トップページへ戻る