金買取の体験談02

金買取サイトメイン画像

金買取の体験談02

皆さんは質屋等で金買取を経験した事がございますでしょうか。

質屋といえば必要なくなった物品を渡すことと引き換えにその代金を受け取る事が出来るというものです。

私のそれまでのイメージではキャバクラで働いている女性などがお客さんからプレゼントされたけども自分自身で使用する事がなく、ただ捨てるには非常にもったいのない品なので質屋で買取を行ってもらい、巨額の金額を手にするといった、正直あまり良いイメージのあるものではありませんでした。

ここからは私の話になりますが、すでに他界してしまった両親の遺品でサファイアが埋め込まれた金の指輪がありました。

見るからに高価そうなその金の指輪は売れば相当な値段で買取されるだろう事はその品を見たときから感じていました。

なにせ金に加えたサファイアまであしらわれているのですからそう思うのは当然でしょう。しかし、あくまで親の遺品ですので、いわば大事な形見の1つです。

またその遺品を見つけたとき、金の指輪と共にメッセージも残されており、そこには私の為にこの品を残す旨と、身に着けるなりまた売ればかなりの金額になるはずなので金に困ったりしたときには売るのもかまわない、お前の好きに使いなさいといったメッセージが残されていました。

ですが大事な親の遺品、簡単に手放すなんてことは当時考えもしませんでした。しかし生活で苦しい部分が出てきた事もあり、今回を意を決して親の好意に甘える形で質に入れることに決めました。

心は非常に痛い思いでしたが、査定していただいた結果、金を使っている点、またサファイアがあしらわれているといった点で、かなりの額で取引してもらえる結果が出ました。

それまでは自分の中でかなりの葛藤がありましたが、結果生活の支えになる金額を手にする事が出来たので、これは両親が私を助けてくれたんだと感謝しながら家に帰りました。

様々な事情があるかと思いますが、こういった金の買取自体がそんなに悪いものではないと今回の経験で思ったところです。

bnr_footer

トップページへ戻る