金がもたらす経済への影響_3

金買取サイトメイン画像

金がもたらす経済への影響_3

私たちが生活していく上で必要になってくる製品に、パソコンや車、携帯電話などがあります。これら製品の部品には、一部に金メッキを施してあります。

金の性質として、熱伝導や電気伝導に優れており、空気では浸食されずに、熱や酸素など、それ以外にも科学的侵食に強いことから、高性能な電子製品の性能向上を目的に、電子部品の端子などに金メッキを施します。

その性質は、日本だけでなく、世界中でも認められており、市場で出回っている金は、世界中の経済市場や為替市場の影響で価格が変動していく変動相場となっています。

金市場は商品先物取引という投資によって需要と供給が変わっていきます。金の特徴として、供給量が少なく、希少性が高いことから、安全な第2の資産として保有しようとする投資家が多くいます。

その行動は、経済市場が不況に陥るとより顕著になり、価格の高騰を引き起こします。

つまり、金の価値は経済が好調の時は比較的落ち着いた状態か緩やかな下降が続き、不況になると安全資産としての価値が高まりたくさん買われます。

たくさん買われることによって価格が高騰すると、製品製造にも影響が出始めます。素材の価格が高くなると製品一つ辺りの製造原価が増し、利益率に影響をもたらすか、販売価格の引き上げなど、私たち一般消費者にもその影響をもたらします。

このように、金がもたらす経済への影響は大きなもので、安定した経済市場である方が、私たち一般消費者にはありがたいと考えられます。

一方で、投資をしている人からすると、価格の高騰は多大な利益が出るチャンスであるとも言えます。

bnr_footer

トップページへ戻る