金がもたらす経済への影響_2

金買取サイトメイン画像

金がもたらす経済への影響_2

金とは、私たちの生活の中で使われている、コンピューターや携帯電話、指輪やネックレスといった製品で利用されている素材です。

この素材は、鉱山から採取できる供給量が少なく、希少性が高いことから、世界中でもその価値が認められています。

この素材の需要は多く、先に述べた様々な製品に利用されており、投資をして利益を得るという目的で取引されていることもあります。

最近ではこの投資目的の利用が、製造業の需要よりも高くなっており、あまり多くの資産を持っていなくても、一般の家庭で比較的簡単に投資することができます。

金がもたらす経済への影響は、金相場の高騰によって製品1つあたりの製造原価が高くなります。

これによって、金を利用した製造業などでは、製造原価の上昇で利益率の減少を引き起こすことになり、あまりにも利益率が減少するようだと、今度は販売価格の引き上げがされ、私たち一般消費者にも影響をもたらします。

金相場が高騰する時というのは、経済市場が不安定な不況の時や物価のインフレなどが影響します。金相場が経済に影響をもたらすと言うよりは、他の外因によって金相場が影響を受けることの方が多いです。

その理由の一つとして、経済市場の不況時や戦争やテロといった有事の際には、世界中で価値が認められていることや安全性が高いため、資産の逃げ道として投資家や銀行や大企業などがたくさん購入しています。

逆に経済市場が安定している時には、緩やかに下降して動いているため、金相場が経済市場の影響を受けやすいことがわかります。

bnr_footer

トップページへ戻る