金がもたらす経済への影響_1

金買取サイトメイン画像

金がもたらす経済への影響_1

金とは、世界中でその価値が認められており、様々な物に広く使われています。

その特徴として、金自体の供給量が少なく、その希少性が高いため、世界中の政治や経済情勢によって変動する変動価格が用いられています。

金価格は商品先物取引によっておおよそ把握できます。商品先物取引とは、金への投資者が現在の価格で売買の注文を入れ、その近い将来に注文とは逆の反対取引をして決済をする、という約束をすることです。

約束をしているので、商品先物取引で注文を入れると、キャンセルすることはできず、どんなに損失が出ていても決済するしかありません。

そのため、利益が乗らない期間は耐えるか、一旦損失を確定してもう一度取引をするかということも考えなければなりません。

基本的には、利益が乗ると予想してから売買取引に望み、決済による差益を取っていくのが商品先物取引の魅力です。

金相場が大きく高騰するのは、自国や外国の政治経済が不況に入ると、たくさんの金が買われるようになります。

最初に述べたように、世界中でその価値が認められているため、安全な第二の資産として不況時に買われ、供給量が限られていることもあり、その価格は高騰していきます。

金がもたらす経済への影響として、価格が高騰した状態が続くと、それに比例して金製品を作るコストが上がります。

消費者にもその影響があり、指輪やネックレスといったアクセサリーの価格も跳ね上がることが考えられます。逆に価格が緩やかに下降していたり安定している時は、経済が好調という証です。

bnr_footer

トップページへ戻る