金のお手入れ方法:14金編

金買取サイトメイン画像

金のお手入れ方法:14金編

金は光り輝く美しさが、誇大から現代まで多くの人を惹きつけてきました。純度によって種類分けがされています。

主に14金、18金、24金と分けられています。純度は24段階であらわされます。つまり24金は24段階中、24の純度で100%金ということになります。

その中でも14金は柔らかさに富んでいるため、装飾品などに多く使われています。お手入れの仕方にも、気を付ける点があります。

光沢を維持して、汚れを落とすことが重要になります。しかし、この方法も簡単で、誰でも自宅でできます。光沢を維持するには、軽く拭くことが一番です。

この時、拭く布は柔らかいものが良いです。拭くのも軽いタッチで十分です。強くやると、キズがついたり、メッキがはがれたりと逆効果です。

さらに、汚れを落とすには、水洗いも適しています。錆びたり変色にも強いため、洗うことでもお手入れができます。

ぬるま湯で軽くすすぐだけでも、スッキリします。しかし、頑固な汚れの場合は、ぬるま湯に中性洗剤を数滴入れると、きれいになります。

その後はしっかり乾燥させることが必要です。このように14金なら、しっかりとお手入れができるので、金としての輝きをキープしやすいと言えます。

14金は手入れすれば、それに見合った輝きを放ってくれます。逆に怠ると、純度が低いだけに、汚れ、クスミが出やすいとも言えます。

面倒でも、定期的にお手入れをしることが大切になってきます。お手入れ次第で質の違いが出てしまいます。

bnr_footer

トップページへ戻る