金のブランド:東京工業品取引所

金買取サイトメイン画像

金のブランド:東京工業品取引所

金(ゴールド)は人類と最も長く付き合いのある金属として、歴史上いろいろな利用方法をされながら現在に至っています。

人類歴史の中でも近代においてはゴールドの価値は貨幣とは異なり価値の高い資産としてその存在を保っています。

近代では金は持ち運ぶには重すぎますし(鉄の重さの約2.5倍)、その希少価値の高さから紛失のおそれが有りますので、あまり動きのない資産となっています。

しかし、実際のところ、実物のゴールドは動きがあまり有りませんが、先物取引市場では活発に取引がされています。

そして、その取引を日本で取り仕切っているのが東京工業品取引所、現在では株式会社東京商品取引所と呼ばれている会社です。

そして、ゴールドには多くの精錬所が関わっており、インゴットには様々なブランドの刻印が押されています。

そして、そのブランドの刻印によってゴールドの品質の信頼度が異なっています。ゴールドは純度で品質が決まりますが、イギリスのロンドン金市場を基準としています。

そこには複数の機関が有りますが、その機関の証明したブランドが信用が高いブランドとなります。その機関の中にも実際は序列があり、信頼度が機関によっても異なります。

ゴールドは不純物がなければ高品質ですが、希に1000分の1の割合で硬化材が入っていたり、精錬過程に異物混入がないとは言えません。

ですから、信頼の高いブランドのゴールドに人気が集まる訳です。東京商品取引所でも色々なブランドのゴールドを扱っていますが、ブランドが劣る場合、ハイブランドのものより若干安く取引されます。

例え純度が完璧でもブランドが評価の対象となるのです。人類が最も美しい金属として扱ってきたゴールドは近代になってもその高い価値は変わってはいません。

ゴールドの取引の仕方は近代になって変化はしましたが、人類の全体の財産でもある金はやはり貴重としか言い様がない存在としてこれからもあり続ける事でしょう。

【関連情報】東京工業取引所

bnr_footer

トップページへ戻る