金のブランド:ロンドン・グッド・デリバリー・バー

金買取サイトメイン画像

金のブランド:ロンドン・グッド・デリバリー・バー

基本的に、金の買取は純度と重量、その日の相場によって価格が決められています。

そして、その金額から業者の仲介手数料や再加工のための加工賃を差し引いたものが、実際に受け取る額となりますが、金にもブランド価値があるものがあり、同じ純度、同じ重量であっても、プレミア価格がつくことがあります。

一例としては、ロンドン・グッド・デリバリー・バーが挙げられます。これはいわゆるインゴット(延べ棒)で、ロンドンの金市場で公認された、精錬会社の刻印があるものです。

純金の中でも特に精度の高い良質のものとして、世界中で通用するものであり、買取に出しても再加工せずにそのまま転売されますので、加工賃の差し引きもありません。

元々、金は人類の歴史の中で通貨の代わりとして大きな役割を担っており、現代においても通貨を安定させる働きを持っています。

買取でよく引き取られているアクセサリーなどの類は、工業製品や宝飾品として再利用されますが、インゴットは経済的な影響を与えるものとして、現代ではそのまま流通されています。

古くから人類は金を珍重してきましたが、現代においても国の経済力を判断する基準のひとつとして、価値が分かりやすい高純度のインゴットを流通しているのです。

しかし、現代においては既に地中の埋蔵量がある程度分析されており、人類が全ての埋蔵量を採掘したとして、オリンピックの競技用プール一杯分にしかならないといわれています。

そのため、安定した性質を持っている事を活かして商品を回収して再利用することに重きをおかれるようになりつつあります。

人類はこれから、限られた資源を有効に活かしていかなければならない段階にきており、また、日本は不要なアクセサリーや工業製品に含まれている埋蔵量を考慮すると、世界有数の金保有国であるといわれています。

不要な品物があったら、有効活用するためにも買取の見積もりをしてもらってみてはいかがでしょうか。

【関連情報】ロンドン・グッド・デリバリー・バー

bnr_footer

トップページへ戻る