金の偽物、見分ける方法:比重編

金買取サイトメイン画像

金の偽物、見分ける方法:比重編

本物の金として流通しているものの中には偽物もあります。

偽物の場合は表面は本物が使われていても中の金属が全く関係のないものが使われていることが多いのです。

素人にはなかなか判断しにくいものですが、金買取業者は金が本物なのか偽物なのかを見分ける方法をしっかり知っています。

それは比重によって判断するという方法です。金の比重というのはどこの産地で産出されたものであっても全て同じなのです。その性質を利用したものです。

まずは比重を調べるために金の容積を調べる必要があります。これは簡単に調べることができます。

水の中に金を入れて増えた水の量によって体積を調べるのです。そしてその金の重さをはかりで調べます。

この容積と重さによって比重を調べるのです。もしも基準のものと違えばそれは偽者ということになります。

また金にも色々な含有率のものがあります。100パーセントの含有率のものばかりではないのです。

それらも含有率によって比重がありますので、偽物なのかどうかを判断するときには同じようにして真贋を見極めます。

最近ではゴールドを買い取りしてくれるお店がありますが、必ず心眼を見極めて選んで買い取っているのです。

プロの金買取の鑑定士になりますと大体手に取っただけで重さが本物の重さなのかどうかが分かるようになります。

もしも疑わしい場合には重さをはかるなどして比重が正しいかどうかを見極めているのです。

このようにきちんと調べることによって金買取の業者は偽物が市場に流通するのを防いでいます。

bnr_footer

トップページへ戻る